2015年9月22日火曜日

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』観てきました。


シアターキノで上映中

『ボーイ・ソプラノ』

この少年が、とても魅力的なんです。

恵まれない家庭に生まれ育った少年が主人公の、
過程も結末も十分に予想できるストーリーなのですが、
それでも惹きつける魅力のある少年。(ギャレット・ウェアリング)

ダスティン・ホフマンが‘人生の師’という設定ですが、
少年の才能を見抜いて積極的に引き立てる、
メガネの先生もすばらしい(ケヴィン・マクヘイル)

さらに、少年の才能に最初に気付いた校長先生(女性)の、
挨拶を述べる声が素晴らしく魅力的で、
いったい誰だろう・・・?と思ったら、

デブラ・ウィンガーでした。
あの声から内面を感じさせるのですから。

監督は『レッドバイオリン』の方でした。
こちらも見ました。

こういう、クラシック音楽を題材にした映画は大好きです!




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿