2015年8月25日火曜日

ナカムラ佳子×飴屋晶貴『夢野久作の世界』


ギャラリー犬養で昨日終了した展示。

異常でした・・・
鉛筆画だなんて、信じられない。

オーナーの康太氏に「飴屋さん、描いてるんですよね・・・?」

と、思わず確認したくなるほどの出来栄え。

「クールジャパンを超えてますよね」とも付け加え。


飴屋さんの目がカメラとコピー機になったかのよう。

目と脳は直結しているのだから、おそろしい頭脳の持ち主です。


ナカムラさん、飴屋さんのお二人は道民ではないのもポイント。
創作の目線や深さが違うのでしょう。

際立って高いクォリティです。



作品集を眺めていて、ふと、くすみ書房閉店の時に買った、

「小川洋子の偏愛短編集」

その中の「押絵と旅する男」を思い出したのですが、

確認すると、作者は江戸川乱歩。


やはり。

引き合うはずです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿