2015年7月7日火曜日

Bunkamura 幻想耽美展&ボッティチェリとルネサンス展


6月の終わりころの話です。
渋谷のBunkamuraに行ってきました。

いまだに良くわからない渋谷駅で降り、
東急本店前までの無料バスに乗れたのでラッキーだったと思います。


世界的な作品を観てきました。

描かれる風俗のみならず、
絵具やその時代の空気感、美意識など、
現代日本との大きな違いを感じました。



無料のギャラリーでは『幻想耽美展』

林由紀子さんの銅版画(蔵書票)を見られるのを楽しみにしていたのです。
繊細さと複雑さを含む、幻想耽美にふさわしい作品でした。

トーク&サイン会もあり、行列ができるほどの盛況ぶり。


ハイ・レベルな展示はさすが。
札幌ではちょっと見られないでしょう。

ただ、ひとつ付け加えると、
再度、山口小夜子展に行ったのですが、

山口小夜子という存在が、
たった一人でこの「幻想耽美展」を凌駕していました。

不世出の存在だったことを
再確認しました。





ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿