2015年7月28日火曜日

『スターウォーズ展』に行ってきました。


札幌芸術の森美術館で開催中の、『スターウォーズ展』

平日なのに、成人男性率の高いこと!

私はスターウォーズの知識をそんなに持っていません。
そんな私でも理解できたのは、
アメリカ人の持つ、空間力の高さ。

想像上の物語を、立体化する能力は凄い。
実写化してちゃちにならないってところ。

(おそらくだけれど、日本は実写よりアニメの完成度が勝るのでは?)


私は架空の話の衣装などの展示がかなりこわいです。
立体造形物ならではの迫力が怖いのです。

チューバッカはかなりの人気者らしいのですが、
視界に入れることができません。

と、言いつつも、悪の権化のような見かけの、
ダース・モールには惹かれましたね。
存在の哀しみが伝わって。


芸術の森美術館の展示はハズレがないですね。
遠いけどがっかり、なんてこと無いです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿