2015年6月2日火曜日

歌川国芳展・後編 観てきました


後編は歌川国芳の‘男’編。

前編に引き続き平日に行ってきました。
作品ごとの情報量がものすごく多いので、じっくりと鑑賞される方が多いですね。

幕末の江戸の男っぽさ満載です。
草食系多数の現代の‘男’像と比較し、同じ国とは思えないほど。

中国の故事を題材にした作品では
異国性が実に良く描かれていたことに感心。


私のお気に入りは、鬼婆と美しい娘、旅人に扮した観音様が登場する作品。

観音さまの背後に光背に見立てた車(糸車?)を配し、
鬼婆の形相、観音さまの表情、旅人に恋した娘・・・



売り切れ後、5月30日に入荷したばかりのマスキングテープ、
すでに2種完売。

金魚の欲しかったけど売り切れでした。


購入したのはこの3点。

芸術の森美術館は行くたび、
ずいぶん遠いな・・・と不安になるけれど、
展示はとても充実しています。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿