2015年5月19日火曜日

『相撲生人形(安本亀八作)』観てきました。


まさか、東京で安本亀八の生人形を見られるとはまったくの想定外・・・

江戸東京博物館で、期間限定で展示されていたので観てきました。



明治に製作された、安本亀八の傑作です。

生人形は等身大の、
まるで‘生けるがごとく’=本物の人間そっくりの、人形です。
江戸末期~明治の一時期、
見世物として大変な人気だったとか。

昨年やはり江戸東京博物館で見た作者不明の生人形より大きい!

おそらく昨年観た武者と農民家族の生人形は、
江戸末期~明治にかけての当時の日本人の等身大で、
こちらは神話を題材にしているので、
大きくつくったのではないでしょうか。

ヒノキを彫って、なんでこんなにリアルに作れるのでしょう。



安本亀八の超絶技巧によるこの傑作が、
素晴らしさがちっとも伝わらないキャプションがかなしい・・・
(展示場所も目立つ場所ではなかったし。)

そもそも今回の展示は生人形にクローズアップしたものではないとはいえ、
西洋の芸術の概念が日本に入ってくる前に、
これほど素晴らしい作品を生み出す作者、土壌があったことを
もっと伝えていただきたいものです。

外国人観光客も多かったので、ますますそう思ったのです。


とはいえ、もともとは熊本市現代美術館に所蔵されているものなので
仕方がないのかもしれないけれど。


同じ会場で広重展も。


広重の版画を含め、
館内での写真撮影が結構認められているので、
外国人観光客のみなさんもノリノリで楽しんでました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿