2014年10月7日火曜日

2009年度グラミー獲得アルバム『Raising Sand』

レッド・ツェッペリンのボーカリストとして名高いという、
ロバート・プラントの、CDです。


ルーツ・ミュージックで、
グラミー賞受賞のアルバムというので期待しました。

昨日からエンドレスで聴き通し。

すっかり耳が慣れ、わかったこと。

私はこのCDは好きではない。

音も二人のボーカルも申し分ない。
が、どうにも伝わってくるものがない。

このきれいな音の世界は、
私が愛してやまないルーツ・ミュージックではない。

ロバート・プラント、イギリス人。

そう、私はイギリスの音楽がちっとも入ってこないのだ。
ミック・ジャガーのブルースもちっともブルースに聴こえなかったし。

(U2は好きだけど、彼らはアイリッシュのはず)


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿