2014年7月30日水曜日

②札幌国際芸術祭~資料館に行ってきました。

札幌各所で開催中の、札幌国際芸術祭。
今日は、資料館に行ってきました。


玄関もいつもの資料館とは違っています。

看板が・・・
ベニヤ板にロゴ等を切って貼っているように見えるだけなのか、
そうみえるような狙いなのか判別つきません。

とりあえず、カフェがあることはわかった。

中に入ると、芸術祭に選ばれた音楽が流れています。
自然っぽい音楽です。

なかなか美しいです。


全館、国際芸術祭仕様になってる


このくらいは当然ですね。


「とくいの銀行」
じぶんが得意なことを書いて伝えて、
ストックされた情報を基にマッチングさせる仕組みと理解しました。

ダンボールがちょっとヤな予感


2Fに上がってみました。


ここ、けっこう政治的メッセージを発しています。
ちょっと写真では収まりません。

メルカトル図法系の世界地図がだーんとあって、
世界を牛耳る企業名と事業例みたいに列記されています。


ひとつ注意です。

私は、事象の全体を捉えて見るタイプです。
要するに、ざっくりとおおまかにラフスケッチして
短時間に全体像を捉えるような観方です。

なので、細かい点についてはそんなに良くみていないのです。
強く興味を惹かれた事には、
その後、ぎゅーっと入り込みます。

ですから、このブースの捉え方はあくまでも私がざっくりつかんだ感想です。



「とくいの銀行」のつづきがありました。


写真がブレてしまいました。

わたし、ここダメです・・・

何がって、ダンボールが。
ダンボールそのものというより、
ダンボールとそれを生かすエネルギーのバランスの問題です。

ダンボールはキケン!
だって、あっという間に図工レベルになっちゃうんですよ。

これを面白く見せる、
爆発的なエネルギーが足りないんですよ!

きっと、まじめでお行儀の良い方の発想と予測。

とんでもない人がやってくれないかな・・・
今からでも遅くないと思いますよ。


展示されていた中で、
これが一番まっとうですよ。

夕張の、石炭に、おじいさんが掘ったという、彫刻。



今日は写真の調子がすこぶる悪い。

この、絵本のコーナーは楽しそうでしたよ。


資料館のリノベーションアイディアのコンペ通過案の展示です。

これは、一般的には難しいですね。
建築って、難しいんですね。

図面とアイディアを文面で読んでいく作業になるので、
ものすごく時間がかかります。


さて、一度も出たことがない、
裏庭で何かやっています。


子どもの自然遊園地みたいなものでしょう。


みんなの理想の公園って感じですね。
とても札幌らしい。

我が家の娘たちは、自然を生かした遊び・遊具が豊富な幼稚園だったので
この企画に特別な感覚は持てないのですが、
一般的にはきっと楽しいと思いました。



1Fのカフェ、確認。

資料館をいつも訪れているような年配の方は少なく、
かわりに若い方、子連れの方々が多かったです。

スタッフの方は当然、若い方が多く、
活性の兆しは見えました。





にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿