2014年7月16日水曜日

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」のサウンドトラック盤と3つの‘500マイル’

輸入盤で¥1,400ほどで購入した、インサイド・ルーウィン・デイヴィスのサントラ盤


主演のオスカー・アイザックの歌とギターは見事というほかありません。

このレベルじゃなければ、
人前で演技も歌も踊りも披露できないのでしょう(米国では)

全体的に少しのどかで、少し乾いた感じが
とっても北海道に合うのですv
ドライビングに最適の1枚です。

さて、この中に「500マイル」という有名な1曲があります。

私は日本語の500マイルを先に聞いています。


レヨナの歌う500マイルは、
亡き忌野清志郎さんの歌詞です。
もう何年も前に聞いて、とても好きな曲でした。

そして、今年入手した、サンタラの『COLD HERAT LONG DISTANCE』
にも、500マイルが収録されています。
こちらはもちろん、田村キョウコ作詞。

清志郎さんの歌詞は当然ながら男性の視点での歌詞で、
実にウェットです!
未練タラタラ。

サンタラ・田村キョウコさんの女性視点の歌詞は
次に進む決意が感じられる歌詞。
複雑さと前進を感じさせる、心揺さぶられる世界です。

インサイド・ルーウィン・デイヴィス中の500マイルは
英語なので歌詞の比較はできないのですが、
伝わってくる世界観は清志郎さんよりサラッとしています。


三者三様、どれも素晴らしい出来です。
歌い手は歌がうまくなきゃ、ですv




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿