2014年6月25日水曜日

マリテ+フランソワジルボーへのオマージュ作品(スカート)製作しました。

マリテ+フランソワジルボーとライセンス契約終了に伴い、日本で販売終了・・・
信じられない悲しいニュースを聞いてから少し時間が経ち、
そうだ、オマージュ作品を作ろう!と切り替えることにしました。


それがこちら。自分用に9号(M サイズ)で製作。

2年ほど前の春夏コレクションの作品を参考にしました。
素材がポリエステルだったのに対し、
綿100%で作ったので印象は少し違いますが、
形は間違ってないと思います。(ネット上の画像頼み)


実は後ろに痛恨のミスをしたのです(まぁ、自分用なので)

マリテ+フランソワジルボーの服の何が良いって、
ヨーロッパの服の背景がビシバシ伝わる現代のカジュアルブランドだから。

このスカートだって、下の写真のような
ファッションの歴史的背景がしっかり感じられるのです。




この3枚の写真は、同じ時代のものではありません。
時代を超えて、連綿と続いているファッションの流れが分かると思います。
この延長に、マリテ+フランソワジルボーがちゃんと続いています。

ファッションも、アートも音楽も、
西洋の思想が基底にあるものは、必ずそれまでの流れがあるはずです。


ステラプレイスのマリテ+フランソワジルボーの閉店予定は7月下旬だそうです。




にほんブログ村 デザインブログ ファッションデザインへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

0 件のコメント:

コメントを投稿