2014年5月14日水曜日

私が展示しているもの

‘城下さんの展示が少ない・・・?’
と、さっそくご意見をいただきました。

たしかにそうなんです。

昨年4月の資料館展示は‘舞台衣装的’

12月ギャラリー犬養の「第1回 コルセット展」
今年4月チカホの「コルセットとイラスト展」
どちらもスピンオフ的。

私はアーティストではないので、自分の新作発表や、
もしくは販売メインの作品発表ではないという、
実にわかりづらい立ち位置にいます。

じゃ、何を展示しているか・・・




ファッションは魂の皮膚である。

私たちの体をベースとする文化とコミュニケーションの装置

肌にもっとも近い場所で起こる
~あるいはより正確には わたしたちひとりひとりの存在の表面で起こる~

異種交配の現象

(以上、 鷲田清一著「ひとはなぜ服を着るのか」より抜粋)





上記の鷲田先生の言葉をカギにした、[思想]を展示しています。

洋服の作品展=ファッションショー的にイメージされると
きっと拍子抜けすると思います。

(自分としてはもっと少ない点数で良いと思っています)

わかりづらいと思いますが、
もっとも自分らしい展示になっています。


つづきはまた明日・・・





にほんブログ村 デザインブログ ファッションデザインへにほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へblogramで人気ブログを分析

2 件のコメント:

  1. こんにちは(*'ω'*)
    水曜日にお話しさせていただいた、きゃすと申します。
    細部まで綺麗で、見とれてしまう展示でした!!

    返信削除
  2. きゃすさま
    こんにちは。さっそくコメントくださりありがとうございます!
    えり子さんと共有されていた、エドの話題おもしろそうでしたね。
    そういえばきゃすさんに試着してもらってなかったですね。
    また機会がありましたら、ぜひ!

    返信削除