2014年3月8日土曜日

文化服装専門学校で「進化と継承 ~テキスタイルとクリエーションの未来」展観てきました。

全国の服飾大学・専門学校の学生作品が来るというので、
豊平の北海道文化服装専門学校へ行ってきました。



表面的なファッションの展示ではなく、
日本の高度なテキスタイル(=素材)を使った、かなりまじめな学生の作品の展示です。

(稀少な素材を使った学生の作品は撮影不可)



‘クールジャパン’の概念は幅広いものがあると思います。

ことファッションではアニメのコスプレやロリータなどの
日本独自の表面的な形に目がいきがちですが、
世界に誇る、繊維技術があるのです、日本には。

こちらのカラフルな布地は、5184色(だったはず)の色で織られたものです。



こちらはまるで絹のような手触り、風合いの木綿ストール。

経糸をかけるのになんと3日かかるんだとか。
極細繊維の経糸を扱う職人さんですから、相当な腕前の方でしょう。
その方の3日間の作業です!

これが製品化されると、当然、価格も高くなるでしょう。
実際に目で見、手で触れると、
価格と価値がつりあったものだと気付くはず。

これが、メイド・イン・ジャパンの力です。
他のどの国であっても、一朝一夕には追いつけない技術。


名古屋と東京の学生の作品(と言っても、特別に優秀な作品です)
が展示されていましたが、
札幌の感性とは相当に違っていて、それもまたおもしろかったです。















にほんブログ村 デザインブログ ファッションデザインへにほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へblogramで人気ブログを分析ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿