2014年3月29日土曜日

やなせたかし著「アンパンマンの遺書」

2週間ほど前、TOKYO FMのラジオ番組
「パナソニック メロディアスライブラリー」http://www.tfm.co.jp/ml/
を聴いていて気になった本です。


「アンパンマンの遺書」 
やなせ たかし著  岩波現代文庫

‘パナソニック メロディアスライブラリー’は、
私の大好きな作家・小川洋子さんが本のナビゲートをするラジオ番組です。

日曜日の午前中、作業しながら聞こえてくる
小川洋子さんの解説に思いがけず胸アツになり、
買うと決めた本です。

念のため電話で書店に在庫を確認すると、
驚いたことにどこも在庫切れ!

時間の合間をぬって、買いに行ける書店が
ことごとく在庫を切らしている、このこと自体が、
やなせさんの存在の大きさを示しているようではありませんか。

やっと入手できたこの本、
やなせ先生の謙虚さとユーモアと・・・やはり胸が熱くなります。

「傷つくことなしに真の正義はありえない」

こんな骨太な、究極の愛を子どもたちに絵本で伝えていたのですね。
私が10歳の時にやなせ先生の詩に
心をわし掴みにされたのですから。







にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへblogramで人気ブログを分析ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿