2014年1月13日月曜日

青葉市子のCD「0」何て純度の高い・・・

1色だけの、無地のCDジャケットは初めてです。


青葉市子「0(ゼロ)」

感覚とか感情とか、形は無いけど確かにあるものを
歌で表現するとこうなります、そんな感じを受けました。

音楽自体が形のないものですが、
歌詞がつくと急速にイメージが限定されて、
切ないとか悲しいなどと直接的な表現も、
歌い手の波長に対応するので言葉の広がりを妨げると思うのです。

声は一つの楽器などとたとえられますが、
青葉市子さんの声は「音」そのものです。

無色透明ではなく、
きわめて純度の高い、色そのものを感じさせるのです。

余計な感情を入れずに歌うとはこういうことなのではないでしょうか。

大好きな作家・小川洋子さんの世界を思わせます。

比類ない才能だと思います。






にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿