2014年1月29日水曜日

時計台で古楽を聴いてきました。

昨夜、ムジカ・アンティカ・サッポロの第4回公演を聴いてきました。


仕事が終わるかどうかぎりぎりまで判明せずどきどきでした。
それにしても19時ころの札幌の寒かったこと・・・

(演奏終了後の天井照明。きっと撮影禁止だろうから)

第3回公演で聴いた曲が気に入りCDを購入し、
連日曲順シャッフルでエンドレスで聞いていたおかげでしょうか、
CDとムジカ・アンティカ・サッポロの古楽器の音の違いがわかるわかる!

と言っても私は音楽の素養のないただの素人ですが、
その素人耳にもはっきりとわかるのです。

ゆらぎを感じるというのか
輪郭がはっきりしすぎない心地よさというのか。


バイオリンの物部氏のMCが常に楽しく、
例えるなら日曜朝のテレビ番組‘題名のない音楽会’

ほんとうにあの感じなのです。
各楽器の方の小さなレクチャーもあり、ちょっとした教養になるのですよ。

札幌に住んでいて良かった。
地方だとなかなか気軽に聞けないですからね。

寒かったけど、生の音楽欲も満たされ
本当に良かった



にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへblogramで人気ブログを分析ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

2 件のコメント:

  1. 城下様  今回もご来場下さり有難うございました。名所旧跡である時計台でのコンサートは私としても二回目で、特に冬はホール内が寒くて演奏する方もお客様も寒い思いをしたのですが、今回は寒いどころか汗をかくくらい暖かかったです。お楽しみ頂けた様で良かったです。これからも良いコンサートを開いて参りますので、何卒よろしくお願い致します。     物部

    返信削除
  2. 物部さま
    コメントいただきまして恐縮しております。
    北星大学に近いところに住んでおりますので昨年12月のコンサートに行きたかったのですが、
    仕事で時間が作れず残念に思っていたので
    今回はぜひ行きたかったのです。
    教会とはまた違っていて雰囲気の違いも楽しめました。
    ありがとうございました。

    返信削除