2014年1月28日火曜日

うにの殻でできたピンクッション「王冠の針山」が私のものに・・・

昨年だったか、それは美しい針山を見つけたものの
入手に失敗しずっと心残りだったのです・・・


それはなんと、天然のうにの殻でできた針山。

‘王冠の針山’
という作品なのです。


大・小あって、これは大きいほう。
直径約6cmくらい

このまち針は京都の‘みすや’のものだと思います。
普段、わたしも愛用しています。


結城伸子さんという、なんと北海道出身の作家さんの作品です。

海の生き物に深い愛を感じます。
蛇腹のブックレットには、小さいウニの実物が貼ってあるのです。

繊細で実用性もあり、すばらしい作品です!


シンプルで素敵な箱で届きました。

間違いなく宝物ですが、お飾りにしないで
ばんばん使うことにします!

2 件のコメント:

  1. 城下さま

     こんばんは~、大阪の角田です!いつも楽しく拝見させていただいています。
    城下さまに聞いて頂きたくってコメントしました。

    実は四月より、四谷シモンさんの人形教室に通い始めました。
    憧れのシモンさんが、隣にいるという何とも至福の二日間を過ごしました。。
    シモンさんは、思った通り可愛いかたでした。彼のツイッターおもしろいです。

    東京駅の近く、丸の内IPタワー内にある「東京大学総合博物館」にも
    行ったのですが、とても興味深かったです。二日連続で通いました。

    私は、剥製とか模型とか大好きで、そこで見かけた「巨大うにの模型」に
    心奪われました~。城下さまが購入されたうにの針山を思いだし、
    コメントした次第です。

    この巨大うにの模型、私のこころにスイッチが入りました。
    ちょっと表現したくなりました。ふふっ。

    角田潤子

    返信削除
  2. 角田さま
    コメントくださりありがとうございます!
    実はちょうど、日本美学研究所さまのblogの球体関節人形の部分を読んでいたところで、
    奇遇ぶりに驚いていますw
    もちろん、四谷シモンさまのお名前も出てきますよ!
    (人形と彫刻の違いは何か、など、ユニークな考察でつい読み込んでしまいました。)
    人形教室とは素晴らしい。
    名のある方の集中力に触れられる・・・得がたい体験ですね。

    うにって美しいですよね。
    バリエーションも豊かで信じられない造形だと思います。
    あの針山は
    一昨年京都の恵分社のサイトで見かけたものの買う時期を逸し
    売り切れていたのがとても残念だったのを思いだし、
    改めて調べたところ作者の結城伸子さんのツイッターから
    販売時期を知り、すぐに購入できたのです。
    (倉敷意匠分室のサイト内・手芸→ピンクッションから購入。すでに完売です)

    いつもユニークな情報ありがとうございます!



    返信削除