2013年10月28日月曜日

進化した「昭和レトロカレー」

夫が追求し、作り続ける「昭和レトロカレー」
3丁目の夕日の時代のカレーなのか、
ルーを使わず、炒めたカレー粉で仕上げるのです。


カレー粉はナイル商会の「インデラ・カレー」を使用。

近所のスーパーで入手。タモリさんもご愛用なんだとか。
カレー粉はこれ以上追求することはないでしょう。
昭和の家庭カレーはそこまでこだわったり、手をかけすぎたりはしないはず。


こちら、前回さっと作ってくれた昭和レトロカレー
この色の薄さ・・・

旨みが極端に少なく、味が無いような感じですらあります。
なので、ウスターソースをかけて食べるのです。

私がもの心ついたときにはこのカレーは存在してません。
すでにルーが何種類も売っていましたから。
このカレーを初めて食べたときの感想は・・・

おいしくない。
ソースの味しかしない。
2度と食べたくない。

料理の下手な主婦が作ったような味なんです(>_<)

私が指摘したのは、

●そもそも旨みに慣れた現代人の舌には昭和レトロカレーはおいしいものではない
●旨みのでる食材をほとんど使わない作り方ではどんなに美味しいものを作ろうと
しても限界がある。しかも、素材と手を加えすぎては昭和家庭カレーではなくなる。


そこで、‘家庭カレー’というくくりを辞めたようです、彼は。
新しいコンセプトは、
「昭和のおいしいお店のカレー」なんだとか。

細かい作り方は私は見ていません。
けれど、明らかに美味しい方向に進んだことは
上の写真で明らかでしょう。

これはもう、ソース無しでも充分に美味しいカレーなんですよ




にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加 blogramで人気ブログを分析 ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿